MENU

えっ?!野菜不足でこんな症状が!

 

野菜不足になると肌荒れ・ストレス・便秘といった症状がでます。なぜこうした症状が出てしまうのかというと、食物繊維をはじめ体の中では作ることができないビタミンやミネラルが不足してしまうからなんです。

 

意外かも知れませんが、野菜には食物繊維だけではなくビタミンやミネラルもしっかり含んでいるため、いろいろな緑黄色野菜をバランスよく食べることで、必要なビタミンやミネラルを補うことができます。

肌荒れと便秘の意外な関係とは?

まず肌荒れですが、肌荒れと便秘は密接な関係があるため便秘になると肌荒れが起きる!と言っても過言ではありません。むしろ、便秘だから肌荒れになっていることだってあります。

 

 

野菜には食物繊維がたっぷり含まれていますが、野菜不足になると当然食物繊維も不足するので、腸を刺激して排出を促したりお通じの通りを良くすると言ったことがうまくできなくなり便秘になります。

 

すると、出るべきものが溜まることで腸内環境が乱れてしまうので、腸内にいる免疫細胞が弱まり体全体の免疫力が低下します。免疫力が低下するというと、風邪を引きやすくなるとかアレルギーが出やすくなるといったことだけをイメージしてしまいますが、これは肌の免疫低下も例外ではありません。

 

肌の免疫が低下すると様々な刺激や炎症に対して対処する力が弱まってしまうので、ニキビ・吹き出物・乾燥・敏感肌など肌荒れを引き起こすことになります。

 

また、本来なら肌荒れにはビタミンACEやビタミンB群が働くことで、肌の粘膜を保護したり新陳代謝を促進させたり抗酸化作用で肌を元気にしたりしますが、そのビタミンもミネラルの助けがないと仕事ができないのでお肌のケアができず肌荒れは深刻化します。

ビタミンとミネラルが不足するとストレスがたまる?

このビタミンとミネラルはストレスにも大きく影響しています。ミネラルには、ストレスを抑えたりストレスに対する抵抗力を高めるなどの働きがあります。

 

 

また、ビタミンCは抗ストレスホルモンと言われるコルチゾールを作るために必要なのですが、野菜不足になるとそれすらも作ることができません。

 

すると、ちょっとしたことでイライラしたり精神不安定になったりしてしまうので落ち着くことができず、常にストレスを抱えている状態に。

 

そしてそのストレスは肌荒れとなって表面化していき、栄養不足からその肌荒れをケアすることもできず、食物繊維不足でお腹もスッキリしないのでさらに憂鬱になっていくのです。

 

ただの野菜不足で便秘になるだけではなく、そこで生じる栄養不足が巡り巡って肌荒れやストレスに繋がってるなんて怖いですよね。

肌荒れやストレスを改善するには?

お腹はツライし肌はボロボロで毎日イライラ…。こんなんじゃ女性としても失格ですよね。もっと余裕のある綺麗な女性でいるためにはどうしたらいいのか。 

 

野菜不足を解消するにも、たくさんのしかもいろんな種類の野菜を食べるのは正直かなり難しいものがあります。じゃあやっばり野菜不足を解消するなんて無理なのかと言えばそうでもありません。

 

野菜をモリモリ食べ続けるよりも、もっと手軽で簡単な方法があります。それがサプリメントです。サプリメントを日常生活に取り入れるだけで、普段の野菜の量だけでは補いきれない栄養素をしっかり補うことができます。

 

もちろん食事からしっかり野菜を摂取できれば問題ないのですが、難しいのであればプラスアルファでサプリメントに頼るのも全然悪いことではないですし、むしろ足りない部分をサプリメントで補えて症状を改善できるなら積極的に利用しましょう。

このページの先頭へ